gwsclubブログ

gwsclubのブログです。

スピリチュアル難民というよりも、スピリチュアル系情報弱者に気を付けた方が良い。

スピリチュアル難民というよりも、スピリチュアル系情報弱者に気を付けた方が良い。

 

この前の続きっぽい記事になるが、

「スピリチュアル」とかにハマっている人で恐ろしいのは、

 

スピリチュアル難民であるということよりも、

 

情報弱者である状態が危険。

 

という事を知った方が良い。

 

簡単に言えば、

ありもしないことで、

他人に洗脳されて、

人生が意味不明になっていく。

 

っていう危険の事なのだが、

 

これは、麻薬やってラリってるか、

麻薬やらないで、

スピリチュアルっていうか

精神世界的な何かでラリってるかの違いで、

 

ラリってる事に

違いはない。

 

って事だ。

 

例えば根拠もなく、

 

神さまがどうこうだとか言い出せば、

それは、ラリッてるのと同じだって事で、

 

そんなラリってる奴が、

「あなたには悪霊がついてますので、除霊した方がいいですよ。」

とか言ってきて、

 

それを鵜呑みにしてしまったら、

 

その人は、ラリってる人間の戯言に、

洗脳されて、ビクビク生きていくことにならなければならない。

って事で、

 

スピリチュアル難民っていうか、

その「なんか探し求めて振り回されちゃってる人」が恐ろしいってのは、

 

こういう事というか、

要は、そういう人ってのは、

 

情報弱者だから、

インチキな情報、人物に振り回される。

 

って事なので、

もっと、スピリチュアルだの精神世界だのだけにすがるのではなくて、

冷静に、他の事も勉強しないと、

ただただ、頭のおかしい、

しょーもねーことにこだわってしょーもねー事言ってるだけの、

自分の有限な人生を無駄に消耗するだけになる。

 

まあ、来世に期待するっていうのであれば、

それでもよいかもしれないが。。。

 

人生を消耗する事になる。

 

結局、巷でいうところの「スピリチュアル難民」だとか、

私が言うところのスピリチュアル系情報弱者ってのは、

 

まさに、分析する力もなければ、考察する力もない。

ただただ、訳の分からない世界観に浸かって、

現実から目を背けているだけ。

 

もちろん、目に見えるものしか信じない、

科学崇拝主義みたいな生き方をしている人間も、

これは逆の意味で、現実から目を背けているだけだが、

 

なんでもかんでも鵜呑みにして、

神さまだの宇宙人だの言っている人間ってのは、

自分が抱えている別の問題に気づいていない。

 

その問題というのは、

このブログでも触れたけど、

 

はだかの王様

 

とでも言っておけばよいのかもしれないけど、

 

ある「甘い汁」を吸う事をやめられないって事で、

イメージしやすいのは、

 

なんたら真理教の尊師とかイメージすれば

分かりやすいのではないかなと。

真理を追求してると、

いつの間にかまわりからちやほやされてくるから、

はじめは、真面目に分析・考察したり、

研究するんだけど、

 

いつの間にか「自分は神に選ばれた。」とか

「自分は宇宙人とコンタクトしてる」だとか、

訳の分からない事を言い出して、

 

頭の悪い、例のスピリチュアル系情報弱者をたぶらかして、

カルト宗教っぽいコミュニティを形成し始める。

 

これはなんというか、

世に、インチキまがいというか

インチキ臭いカルト宗教、カルトコミュニティが形成される流れなので、

それこそ、どの時代でもこんな感じで、

人や名前を変えて、そういう胡散臭いコミュニティや活動ってのが存在する。

 

っていうこれに

まずは気を付けないと、

知らず知らずのうちに、

自分が訳の分からないカルトコミュニティに入っていて、

根拠のない、訳の分からないインチキスピリチュアル、

妄想精神世界に溺れて、溺死してしまうという危険があるという事を知らないと、

 

本当に、ただただ何の根拠もない、

ラリッた似非教祖の言っていることに、

頭も人生も支配された、

悲しい人生を送ることになりかねない。

 

なので、スピリチュアルなんて研究する場合は、

それこそ、人狼ゲームの500倍ぐらい、

いろいろものごとを疑い、観察して

真実を突き止めるって事をしなくちゃいけないんだけど、

 

スピリチュアルとかハマっちゃう人は、

それこそ感覚的な事を信じたい人間で、

頭を使って、それらが本当に正しいかどうかなんて事は追求しないから、

 

どんどん頭のおかしい世界観がつくられていく。

 

感覚を大事にするのは大事だと思うんだけど、

それらを裏付けるだけの分析・考察、

そして裸の王様を創り上げない誰もが平等に議論できるだけの土俵。

 

そういう環境が作られない限り、

本当の意味でのスピリチュアルの新時代が幕を開ける事はない。

 

少なくとも、ここが似非スピリチュアルではなくて、

まともなスピリチュアルを探求する場であり、

そういう人達が集う場であるって事を信じたい。

 

まあ、信じるだけじゃ、

スピリチュアル系情報弱者

なっちゃうだけなんだけど。。。