gwsclubブログ

gwsclubのブログです。

宇宙哲学勉強会・「スピリチュアル難民」との対話

宇宙哲学勉強会・「スピリチュアル難民」との対話

 

こんにちは。ここのブログ書くのも

すげー久しぶりになってしまいました。

私事になりますが、

とあるきっかけから、ある事の勉強を再びしようと思い、

そっちの勉強にハマっていたら、

もろもろの仕事だのブログだのがストップしてしまいました。

 

その「とあるきっかけ」ってのが、

 

「スピリチュアル難民」

 

というまさにこのキーワードだったのですけどね。

 

先日、南大沢で、

ハリー山科が

「スピリチュアル難民」というテーマの

宇宙哲学勉強会を開催しました。

 

ハリー山科がどんな

「スピリチュアル難民」論を

披露するかというのが楽しみでした。

おそらく、ハリー山科本人は、

自身の事をスピリチュアル難民だと思っていないから、

このテーマをやるのかなと思っていました。

 

参加して話を聞いて、

その予想はその通りだったのですが、

 

「自分がスピリチュアル難民だと思っていなければ

 スピリチュアル難民ではない。」

 

ということだったので、

本人が思わなければ

そうではない説が出てしまうと、

もうその話って、

 

「分析」も「思考」も

スッ飛ばしちゃっているのではなかろうか?

 

と私自身は思ってまして、

その一言が出てしまった時点で、

結構残念な、「スピリチュアル難民」論と

なってしまいました。

 

当日も、私は会場で、

 

「体重が120キロの人間が、

「自分はデブではない」と思っても、

 その人間は「デブ」だと思う。」

 

とある意味、

そのハリー山科の唱える「スピリチュアル難民」論には

多少なりとも反論をしました。

 

もちろん、いいんです。

「〇〇論」とか「〇〇の定義」なんてのは、

その人その人の主観が

強くはたらく部分ですから。

 

そして、もう1つ皮肉っぽい事を言いますが、

 

ここで、ハリー山科が

 

「スピリチュアル難民ってのはこういう人の事を言います。」

 

と言っていますが、

 

何も、疑いもせずに、

自分なりに考察もせずに、

 

「あ、そういう人の事をスピリチュアル難民っていうのか。」

 

と鵜呑みにしてしまうっていうか、

妄信してしまう人たちの事を、

 

スピリチュアル難民と

呼ぶかどうかは分かりませんが、

まあ、危ないと思いますよ。。。

 

ここは、多くの人達が分かっていませんが、

 

天に吐いた唾ってのは、

どうなりますか?

 

って事を意識しなさすぎなんです。

 

なので、冒頭で

「ある事を再勉強していた」ってのは

そこに大きく関係しています。

 

 

なので、私はハリー山科が

 

「スピリチュアル難民とは

 こういう人の事を言います。」

 

と言っても、

 

「なぜ?」

 

「本当にそうなの?」

 

「違うんじゃないの?」

 

みたいな疑いを入れるようにしています。

そのジャンルが、スピリチュアル系であれば

必ず入れるようにしています。

 

だって、科学的なものと違って、

白黒つけるのが非常に難しいからです。

 

そして、検証できるものは、

実験して検証したうえで、

実際にどうなのかを確認します。

 

「誰が言ったか」

 

なんてのは関係ないんです。

 

ちなみに私のイメージする

「スピリチュアル難民」ってのは、

 

「誰が言ったか」

 

に非常に左右されるような人ですね。

 

あと、

 

その「誰」ってのは、

 

「特殊な力の持ち主」

 

みたいな感じでしょうか。

とにかく、

 

・何か(特に不思議っぽいもの)に

振り回されるのが好き

 

ってのは言えるかなと。

ここは、ハリー山科も私も同じ見解かもしれません。

 

あと、

 

・物事を考えない

 

・自分で決めることが出来ない

 

みたいな部分も同意見ですね。

 

それ以外は、

ハリー山科の定義する

「スピリチュアル難民」と、

 

私の定義する

「スピリチュアル難民」の中身は、

 

結構違っていました。

 

どっちが正しいかは分かりません。

どっちも正しいっちゃ正しいだろうし、

どっちも正しくないっちゃ正しくないでしょう。

 

それは、

 

「デブ」の人を110キロ以上の人をデブという

 

って思っている人と、

 

「デブ」の人を130キロ以上の人をデブという

 

みたいな感じで、

 

別にどっちの人の定義が

正しいとかないじゃないと思います。

要は、主観的なものだって事ですね。

 

多分ハリー山科の定義する

「スピリチュアル難民」の定義よりも、

私の定義する「スピリチュアル難民」の定義の方が、

ストイックだと思います。

 

なんでかっていうと、

ハリー山科も、私の定義する

「スピリチュアル難民」の定義の中では、

スピリチュアル難民になるからです。(笑)

 

何度も言いますが、

どちらが正しいかって事を言ってません。

 

ただ、分かってもらいたいのは、

 

なんについても、

 

自分なりの定義ってものは、

持って、論じ合えるぐらいにはしとかないと、

 

スピリチュアルの分野に関わらず、

〇〇難民になっちまいますよ。。

 

って事でしょうか。

 

って事で、

誰も「お前の定義なんか知りたかねーよ。」

って思うかもしれませんが、

 

私PIRIKEN版

「スピリチュアル難民」の定義についてでも

論じてみようかなと。

 

でわ、この記事はこんな感じで終了。