gwsclubブログ

gwsclubのブログです。

ハリー山科の審神者能力ってどうなの?

ハリー山科の審神者能力ってどうなの?

 

分析と考察の重要性を解いておいて、

 

あの程度の屁理屈で

日本にイエスキリストの墓があるとかいう

スピリチュアルオジサンを重宝するとか、、、

 

やっぱ低級霊という魔物には、

ハリー山科もすぐに

ヤラレちゃったのでしょうかね。

 

さすがに、霊感商法組合の

手先みたいな事は無理だわ。

 

宇宙哲学ってのはもっとまともなものかと思ってたが、

ただのカルト洗脳のツールってのは、

アダムスキーも泣いてるのか、

 

それともアダムスキー自体が、

ただの霊感商法おじさんだったのかどうかは知らないけど、

 

たいした分析も考察もしない人物が、

分析と考察の重要性を説くのはやめようぜ。

 

この世界がくすむから。

 

世の中のスピリチュアルオジサン、スピリチュアルオバサンたちへ。

 

そっち系の本ばっか読むのも、

そっち系の動画ばっか見るのもいいけどさ、

 

それと同じぐらい

 

人体の事学んだり、

 

特に脳のお勉強、

 

認知についてのお勉強をしないとさ、

 

上空からとった地形を

「これが神の啓示だ。」

とかいう妄想オジサンたちの

戯言に一撃でやられちゃうよ?

 

こっちもただ「そんなもんインチキだ。」

って言ってる訳じゃないのよ。

 

いいですか、スピリチュアルオジサン、スピリチュアルオバサンの皆様。

 

人間にはね。

 

こういう機能のようなものが備わってるのね。

 

シミュラクラ現象 - Wikipedia

 

人間の脳はね、「点が3つ」あれば

人の顔に見えてしまうものなのよ。

 

上空から見て、ちょっと図形っぽく視えれば、

 

「あ、これは神からのメッセージだ。」

 

「あ、これは宇宙人が作った証拠だ。」

 

とか思っちゃうのよ。

そういうことしているおじさん、おばさんの事を

スピリチュアルおじさん、スピリチュアルおばさんって言うんじゃないの?

 

いいよ、別に「あれ?これはなんだか不思議だぞ。」

と思うの別に。

 

どのぐらいの数の視点から疑い掛けて、

検証したうえで、「日本のイエスキリストの墓がある」って主張してる訳?

 

「〇〇さんは知ってます。」

 

「知ってる人は知ってます。」

 

何回言ったんだろあのスピリチュアルおじさん。www

 

営業マントークのセオリーじゃん、それ。www

 

何かを売りつけてるのか、と思ったわ。。。

 

嗚呼、誰かまともなスピリチュアル研究してる人いないかなー。。。

 

まあ、ちやほやされると、

まわり見えなくなるよね。

 

それが60歳になろうが、70歳になろうがさ、

気持ちいいもんなー、まわりにちやほやされるのって。

 

その「ちやほやの誘惑」には、

さすがの宇宙哲学も通用しないようで。

 

ってアホか。(笑)

 

人間磨こうぜ。

宇宙人だの、見えないエネルギーとか追っかける前に。

 

って事で、

私は、ああいった

スピリチュアルオジサン、スピリチュアルオバサンに成り下がらずに、

しっかりスピリチュアルを研究していきたいので、

 

私は、

 

人間磨きをメインに、

 

おまけでスピリチュアルやります。

 

その上で、ハリー山科研究してこうと思います。

"ハリー山科"という存在そのものに、

スピリチュアル悪しき要因がすべて詰まっているって事を、

これから、いろいろな視点からの考察を入れて、

ここのブログでたまに書きたくなったら書いていきます。

 

誤解しないでもらいたいのは、

別にハリー山科を否定している訳ではなく、

 

ろくな分析・考察もしないで、

 

「これは本物だ。」

 

「これが真実だ。」

 

「これが宇宙の哲学だ。」

 

とか言っちゃう胡散臭い輩の事をDisってるだけなので。

もうやめようぜ、そういうの。

 

いい歳こいて、はだかの王様ごっこ中毒に

なっちゃうのみっともないよ。

 

まあ、いいや。

本当の宇宙哲学(アダムスキー宇宙哲学ではなくてもっと広い意味で宇宙哲学ね。)

を語っているのかは誰だかもうじき分かってきますよ。

 

って事で、

じっくりここではやってきます。

 

盲信大好きな人は、

もう死んじゃってとは言わないけど、

 

もうこのブログには来る必要ないです。

 

ここからが、このブログ本当の意味での、

 

分析

 

考察

 

を徹底的にストイックにやりながら、

宇宙の本質に迫る活動になっていきますヨ。

 

3の点があれば、顔に見えてしまう脳の機能を、

神からのメッセージだとか言っちゃう

スピリチュアルおじさん、スピリチュアルおばさん達は、

 

このブログは夢がなくなるから、

Youtubeで魔法のランプを見て、

これが宇宙哲学かーと盲信してお釈迦様の掌よりも

相当小さいハリー山科の掌の上で転がされててくださいませ。

 

でわ。

なぜ、インチキなスピリチュアルが次から次へと生まれてくるのか?

なぜ、インチキなスピリチュアルが次から次へと生まれてくるのか?

 

まずは、ここについて知っておいた方が良いと思いますよ。

 

スピリチュアル難民の皆さん。

真・宇宙哲学シリーズ②

真・宇宙哲学シリーズ②

 

99%ウソだったとしても、

「本当だったらいいな」と思うものを

人は応援する。

(特にスピリチュアル難民なんてそういうの追っかけてるので。)

 

ただ、それだけ。

 

で、ここが分かる人には、

 

アダムスキーが言っている宇宙人が、

モノホンの宇宙人なのか、

 

たとえ話的に「宇宙人」と言っているのか、

 

それともただの妄想作り話なのかが分かってくる。

 

審神者の力を鍛えるには、

まずはこのあたりが分からないと、

いつまで経っても、

スピリチュアル系情報弱者という泥沼からもがいている

スピリチュアル難民でい続けることになりますので、ご注意を。

真・宇宙哲学シリーズ①

真・宇宙哲学シリーズ①

 

99%ウソだったとしても、

「本当だったらいいな」と思うものを

人は応援する。

(特にスピリチュアル難民なんてそういうの追っかけてるので。)

 

ただ、それだけ。

日本人が、ありもしないモノを信じては世の中をカオスにしている。という事実。

日本人が、ありもしないモノを信じては世の中をカオスにしている。という事実。

 

こういうハリー山科モノだとかはやし浩司モノだとかを

すぐ真に受けて信じてしまう、

スピリチュアル情報弱者の方って、

 

もしも現実に「笑うせぇるすまん」の喪黒福造が実在していたら、

150%甘い言葉をかけられ、

約束を守れず、

 

ドーーン!!

 

されてしまう典型的な方達であることは間違いありません。

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、

 

①スピリチュアルなんぞに関心があって首突っ込む人

 

②それを根拠もないのに、すぐ鵜呑みにしてしまう人

 

それらの人って、みんな、

 

ココロのスキマが、

ポッカリ空いている。

 

って事です。

 

生きてて辛い事が沢山あるのは分かります。

だけど、それらがどれだけ理不尽であろうが、

自己責任だっていうのに、

 

それは、自分のせいじゃないとばかりに、

なんらかのせいにして、

 

それらの原因を探る事をせず、

何かにすがるという依存に逃げてしまう。

 

これが、スピリチュアルにハマる

人間の特徴だって事です。

 

もちろん、スピリチュアルにロマンがあることは事実です。

人間がこの世界の創造主ではないのだから、

人間の人智を超えた世界がこの宇宙にはあるのも事実でしょう。

 

だからといって、なぜ、縄文時代は宇宙人が指導しているだとか、

現在も、レプティリアンが人の格好になって社会に紛れているだとか、

 

そんなトンデモねぇことを、

胸を張って豪語できてしまうのでしょうか。

 

私は、そういう無根拠のものをすぐに信じ込んで、

吹聴してしまうような人間達の方が、

 

よっぽどレプティリアンよりも

恐ろしい存在だなと思ってしまいます。

 

残念ながら、ハリー山科コミュニティといいますか、

ハリー山科界隈も、

 

そういう「無根拠の物を都合よく信じている人間」の巣窟になっているようで、

メール講座などをやっていても、

 

まともな議論にならないメールばかりが送られてきます。

 

別にいいんですよ、トンデモ論を展開してきても。

それは良いと思います。夢があって。

 

だけどね、

 

何故、そう言えるのか。

という根拠をまったく示してこないのは

やめていただけないでしょうか。

 

それは、ただの盲信というか洗脳というか、

何なのかがさっぱり分かりません。

 

私自身、スピリチュアルなんていう胡散臭いものを研究していますが、

そこには常に、

 

仮説を立てたら、

必ず検証して、

どういう結果になるかを確かめる。

 

というこの一連の作業を欠かさず行うようにしています。

 

そうでなければ、

完全にスピリチュアル系情報弱者そのものですからね。

 

1人でもいいから、

まともなスピリチュアル研究者の方から、

面白い議論のテーマが送られてくることを心待ちにしています。

 

このままだと、せっかく作ったメール講座も、

無根拠のトンデモ内容の訳の分からない

スピリチュアル系情報弱者的メールしか届かず、

建設的な議論を行うことが出来ません。

 

まあ、メール講座やってみて、

こういう結果になったってのが、

分かったっていう事実だけは収穫にはなりましたが。

 

こういう事をすると、

こういう人たちばかりがあつまるんだなってのと、

 

そういう人達が集まると、

やっぱりやってる側も、

なんかよくありがちな結末へと収束していくんだなっていう

 

この2点ですね。

 

このスピリチュアルあるあるの難関を乗り越えて、

本当のスピリチュアル追求をしていける人物が

出てくることを期待しますが、

まあ、難しそうですね。

スピリチュアル系情報弱者が好きな事シリーズ①

スピリチュアル系情報弱者が好きな事シリーズ①

 

久しぶりにハリー山科コミュに来て、

そしてメール講座なんてものをやってみて一番目立つのは、

 

縄文時代が宇宙人の指導受けていた説

 

みたいのを信じている

スピリチュアル系情報弱者のまあ多い事。

 

まず、そんな根拠どうやって提示するのか分からない。

できるとしたら、タイムマシンでも作る以外はない。

 

それなのに、何を根拠に行ってるのか知らないけれど、

 

縄文時代は宇宙人が指導していたため、

とっても平和で理にかなった生活というか

文化がそこにあった的な。

 

とか言っちゃう人達って本当に凄いなって思います。

分析も思考もしない情報弱者丸出しも良いところですね。

 

私は、個人的に縄文時代から学ぶところは多いとは思うけど、

そこに何故、宇宙人が関与しているのかがまったく分かりません。

 

これに対してまず簡単にツッコメるところは、

 

そんな宇宙人が指導していた素晴らしい時代なのであれば、

何故、その後人間同士が殺し合う

低レベルそうな時代がやってくるのか?

 

って事ですね。

まあ、ここを突っ込むと、

 

「いつまでも親が手を出してても子どもが育たないだろ。

 だから、手を放して自立させようとした、そうしたら地球がこうなった。

 これも魂の進化の過程では必要な事なのだ。」

 

的な分かったような理屈を言ってくるのだろうけど、

これまた、何故そう言えるのかが分からない。

その自信たっぷりに訳の分からない事を言える

根拠はどこにあるのだろうか。

 

ちなみに、私は縄文時代が平和で長く続いた理由は、

江戸時代の鎖国と同じような理由だと思っている。

 

つまり、外部から異物が入らない間って、

平和な時代になって、

おだやかな文化が育っていく。

 

っていうただこれだけの事だと思うのだが。

それをなんか大昔の話だからと言って、

 

宇宙人が関わっていた。

 

とか言っちゃうのって本当にすげーなって思います。

 

誰か、「嗚呼、それは確実に縄文時代に宇宙人いたわ。」

 

って思わせるまともな見解を述べてくれる人がいたら、

いつでもご連絡ください。

 

まあ、縄文時代に宇宙人いたとか言っちゃう人は、

何故、そういうことばかり言いたがるのかって事は、

 

「ああ、そういうことなのか。」

 

って思わせられるだけの説明は出来ますけどね。

 

まあ、いつもの「裸の王様病」ですけど。

スピリチュアル難民というよりも、スピリチュアル系情報弱者に気を付けた方が良い。

スピリチュアル難民というよりも、スピリチュアル系情報弱者に気を付けた方が良い。

 

この前の続きっぽい記事になるが、

「スピリチュアル」とかにハマっている人で恐ろしいのは、

 

スピリチュアル難民であるということよりも、

 

情報弱者である状態が危険。

 

という事を知った方が良い。

 

簡単に言えば、

ありもしないことで、

他人に洗脳されて、

人生が意味不明になっていく。

 

っていう危険の事なのだが、

 

これは、麻薬やってラリってるか、

麻薬やらないで、

スピリチュアルっていうか

精神世界的な何かでラリってるかの違いで、

 

ラリってる事に

違いはない。

 

って事だ。

 

例えば根拠もなく、

 

神さまがどうこうだとか言い出せば、

それは、ラリッてるのと同じだって事で、

 

そんなラリってる奴が、

「あなたには悪霊がついてますので、除霊した方がいいですよ。」

とか言ってきて、

 

それを鵜呑みにしてしまったら、

 

その人は、ラリってる人間の戯言に、

洗脳されて、ビクビク生きていくことにならなければならない。

って事で、

 

スピリチュアル難民っていうか、

その「なんか探し求めて振り回されちゃってる人」が恐ろしいってのは、

 

こういう事というか、

要は、そういう人ってのは、

 

情報弱者だから、

インチキな情報、人物に振り回される。

 

って事なので、

もっと、スピリチュアルだの精神世界だのだけにすがるのではなくて、

冷静に、他の事も勉強しないと、

ただただ、頭のおかしい、

しょーもねーことにこだわってしょーもねー事言ってるだけの、

自分の有限な人生を無駄に消耗するだけになる。

 

まあ、来世に期待するっていうのであれば、

それでもよいかもしれないが。。。

 

人生を消耗する事になる。

 

結局、巷でいうところの「スピリチュアル難民」だとか、

私が言うところのスピリチュアル系情報弱者ってのは、

 

まさに、分析する力もなければ、考察する力もない。

ただただ、訳の分からない世界観に浸かって、

現実から目を背けているだけ。

 

もちろん、目に見えるものしか信じない、

科学崇拝主義みたいな生き方をしている人間も、

これは逆の意味で、現実から目を背けているだけだが、

 

なんでもかんでも鵜呑みにして、

神さまだの宇宙人だの言っている人間ってのは、

自分が抱えている別の問題に気づいていない。

 

その問題というのは、

このブログでも触れたけど、

 

はだかの王様

 

とでも言っておけばよいのかもしれないけど、

 

ある「甘い汁」を吸う事をやめられないって事で、

イメージしやすいのは、

 

なんたら真理教の尊師とかイメージすれば

分かりやすいのではないかなと。

真理を追求してると、

いつの間にかまわりからちやほやされてくるから、

はじめは、真面目に分析・考察したり、

研究するんだけど、

 

いつの間にか「自分は神に選ばれた。」とか

「自分は宇宙人とコンタクトしてる」だとか、

訳の分からない事を言い出して、

 

頭の悪い、例のスピリチュアル系情報弱者をたぶらかして、

カルト宗教っぽいコミュニティを形成し始める。

 

これはなんというか、

世に、インチキまがいというか

インチキ臭いカルト宗教、カルトコミュニティが形成される流れなので、

それこそ、どの時代でもこんな感じで、

人や名前を変えて、そういう胡散臭いコミュニティや活動ってのが存在する。

 

っていうこれに

まずは気を付けないと、

知らず知らずのうちに、

自分が訳の分からないカルトコミュニティに入っていて、

根拠のない、訳の分からないインチキスピリチュアル、

妄想精神世界に溺れて、溺死してしまうという危険があるという事を知らないと、

 

本当に、ただただ何の根拠もない、

ラリッた似非教祖の言っていることに、

頭も人生も支配された、

悲しい人生を送ることになりかねない。

 

なので、スピリチュアルなんて研究する場合は、

それこそ、人狼ゲームの500倍ぐらい、

いろいろものごとを疑い、観察して

真実を突き止めるって事をしなくちゃいけないんだけど、

 

スピリチュアルとかハマっちゃう人は、

それこそ感覚的な事を信じたい人間で、

頭を使って、それらが本当に正しいかどうかなんて事は追求しないから、

 

どんどん頭のおかしい世界観がつくられていく。

 

感覚を大事にするのは大事だと思うんだけど、

それらを裏付けるだけの分析・考察、

そして裸の王様を創り上げない誰もが平等に議論できるだけの土俵。

 

そういう環境が作られない限り、

本当の意味でのスピリチュアルの新時代が幕を開ける事はない。

 

少なくとも、ここが似非スピリチュアルではなくて、

まともなスピリチュアルを探求する場であり、

そういう人達が集う場であるって事を信じたい。

 

まあ、信じるだけじゃ、

スピリチュアル系情報弱者

なっちゃうだけなんだけど。。。