gwsclubブログ

gwsclubのブログです。

潜象エネルギーはバイアグラには勝てないのか?

潜象エネルギーはバイアグラには勝てないのか?

 

さて、これも1回会うと、
「チ〇コが勃たない。」「チ〇コが勃たない。」と、

毎回10回20回繰り返し、アピールしてくれるハリー山科先生ですが、

 

まあ、いろいろツッコミどころはありますが、

ハリー山科先生自体は、

まあそんなにふにゃふにゃしてたら

突っ込みたくても突っ込めないとは思いますけど、

 

まあ、とりあえず考察してきましょう。

 

なんていうか、

 

なんでも噛んでも

神さまの精にしたり、宇宙のせいにしたり、

神さまもたまったもんじゃねーなーって

思うのは私だけでしょうか。

 

なんだか瀬織津姫がやってきてなんたらかんたらとか

言ってた時期もありましたね。

 

まあいいや。瀬織津姫となんたらかんたらっていう

綺麗ごと言ってる割には、

エロDVD借りまくって、

朝から鑑賞する事に余念がない話も、

さんざん聴かされましたけど、

まあ、もうなんでもアリですからね。

 

宇宙哲学ってのは、

都合の悪い事があったら、

なんでも神さまのだの宇宙のせいにして、

責任転嫁してしまえ。

 

ってのがアダムスキーの教えなのでしょうか。

私はそうは思えませんが、

ハリー山科先生の言動を見る限り、

宇宙哲学ってのはそういうものなのだって事に

なってしまいます。

 

で、別に65歳のおっさんっていうかおじいちゃんの下半身が、

現役を引退されるという事は、

別に普通の、これまた老化現象なんじゃねーのか。

 

って私は思ってしまうのですが、

まだまだ宇宙を捉えるレベルが低すぎると、

ハリー山科先生からは

きついお叱りを受ける事でしょう。

 

では、巷では勃起不全ってのは

こういう事が言われてます。

 

allabout.co.jp

 

ここでは血液がどうとか書いてありますけどね。

2匹の龍は使いこなせても、

血流の方は元気に出来ないみたいですね。

 

ってのが

 

潜象エネルギー

 

ってことなんですかね。

 

って事は、まだまだ宇宙を解明するまでは、

遠き道のりっぽいですね。

 

って事でまた来週。

 

penis.upper.jp

 

ハリー先生、潜象エネルギーよりも、

あっちの復活にはアルギニンっぽいですよ。

 

まあ、宇宙哲学は懐が深いのか、

それともタチが悪いのか。

 

まだまだ私には、

勉強が必要そうです。

潜象エネルギーについての考察。

[ハリー山科研究シリーズ]潜象エネルギーについての考察。

 

まあ、これは潜象エネルギーに

限ったことではないのだけど、

なんていうか、

率直に言ってしまうとハリー山科って

スピリチュアルっていうか

そっち関係の事については

ただのド素人で、

何かをきっかけにっていうか

勘違いっていうか

何なのかよく分からないけど、

 

自分は〇〇神がついているみたいな、

よくいる勘違いした

おばちゃんみたいな事を言って、

スピリチュアル難民どもをたぶらかしている事で

有名なのですが、

 

とは言え、こういう目に見えないものの世界ってのは

正しい間違えている論争をしても、ケリがつかないので、

まあ、ご本人がそうおっしゃるのであれば

そうだってことにしておきましょう。

 

そう言えば、ハリー山科先生曰く「自分は2匹の龍使いだ。」と

何かをきっかけに言い始めてる訳ですけど、

まあ、それも最近ハリー山科先生の中で流行っている

 

潜象エネルギー

 

が関係しているようですね。

まあ、馬鹿からかうのも大概にしてもらいたいですけど、

ハリー山科先生もご自身で常々自分の事を

「ダメ人間「「人間のクズ」のように言っていますけど、

まあ、そうですね。

 

人を小馬鹿にするのがいい歳してもやめられないようで、

先月も常に〇〇エネルギー協会の所長の

Facebookの書き込みをストーカーの如くチェックしては、

いちいち口座の中で、参加者達に壊れたテープレコーダーのように、

同じことを何度も繰り返して

偉そうに話すっていうパターン[≒地獄]に

とらわれちゃってさあ大変。って感じですけど、

 

まあ、宇宙哲学はそういう思考のパターンに

囚われちゃうことも注意しているはずですが、

カルト教祖によくありがちな

「自分は特別」みたいな

ルールが働いちゃってて、

それに自信が気づいているのか

どうかは知らないですけど、

まあそんな感じのお茶目な

ハリー山科先生ですけど、

 

まあ、ハリー山科先生はいいんです。

 

今回大事なのは、

 

潜象エネルギー

 

で御座います。

 

ここについても、いずれ検証しますが、

ハリー山科先生の特徴として、

 

人のふんどしで相撲とるグセ

 

ってのがありまして、

ここもすでに仮説は立つのですが、

 

天城流湯治法に自身の

潜象エネルギー

 

を掛け合わせて、

もはや、本家からは

煙たがられているようなのですが、

 

煙たがられるかどうかは

別問題なのですが、

本筋の問題は、

 

率直な疑問なのですが、

 

何故、

 

あんなに

「宇宙のパワーを使える」「だの二匹の龍が使える」

だの言ってるのに、

ハリー山科先生の

 

ハゲやEDは治らないんですかね?

 

空間にエネルギーが満ち溢れてて、

自身の体内にいる

二匹の龍が使いこなせるのであれば、

 

70代近いおじいちゃんでも、

 

せめて40代ぐらいの体力、

見た目でも良いのではないでしょうか?

と思うのは私だけでしょうか。

 

70近いおじいちゃんが、100m15秒ぐらいで走ってたら

結構元気だなって思いますけど、

多分、ただのそこらへんの年代の人と変わりないですよね。

 

潜象エネルギー

 

ってなんなんですかね?

 

裸の王様的に「分かる人には分かる」とかいう

霊感商法のツールなのでしょうか?

 

ああいうの信じ込ませて、

とんでもない事件とかになっちゃったらどうするつもりなのでしょうね。

 

っていう↑ここに、

「人のふんどしで相撲とるグセ」が見え隠れしてますね。

 

まあ、こういう事も、

宇宙哲学的に言うとなんなんでしょうね。

 

それでは、また来週。

いっつもハリー山科が愚痴ってるとある人物についてのお話。とそのパターンについて。

いっつもハリー山科が愚痴ってるとある人物についてのお話。

とそのパターンについて。

 

という事で、今回は前回の内容に

さらに突っ込んでいきたいと思いますけど、

ハリー山科の愚痴のコーナーで、

まあいっつも出てくる人物は、

 

言わずと知れた〇〇エネルギーの人ですね。

 

なんかよく分からないけど、

暇があれば、その〇〇エネルギーの人の

Facebookか何かをチェックしては、

 

「また、こいつこんな事言ってるよ。」

 

とかずっとやってる訳です。

 

はあ、、、これが宇宙哲学を

学んでいる人間がする事なんだな。。。

と、ここについてはがっかりしかしませんが、

 

正直、その人物がいくら自分の事を

誹謗中傷しようがしなかろうが

どうでも良いと思うし、

 

それこそ、宇宙哲学を学んでいれば、

そんなものまったく気にならないと

思うというこの私の考えは、

宇宙哲学的ではないのでしょうか?

 

それとも宇宙哲学とは、

誰かが自分の事を誹謗中傷している

その言動について、

いちいち1日に何回も、

 

「こいつまた俺の悪口書いていないか?」

 

常に意識して監視して、

書いてあったら、

 

またどっかで、

 

「あいつがまたこんなこと書いていやがった。」

 

とか言って、「どうしよもねーなー、こいつは。」

みたいな事を言ってまわる事なのでしょうか?

 

これが「The・宇宙哲学」だというのであれば、

宇宙哲学とはそこらへんのスピリチュアルおばちゃんが

妄信しているものよりも程度の低い

学問じゃないのかなって

思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

まあ、実際は違います。

宇宙哲学って別に宇宙の哲学って

大げさに言っても良いかもしれないけど、

お釈迦さまが説いた教えと

さほど変わりはありません。

 

ただ、そこに宇宙とか

宇宙人とかが登場するだけで、

それを菩薩とか仏とか言っても、

意味は通じると思います。

 

だけど、別にアダムスキーもお釈迦さまも、

 

「自分の事を誹謗中傷している人物を常に監視しなさい。」

 

「そして、何か言動があったらそこにフォーカスしなさい。」

 

「もっと良いのは、そういう人物に対しての批判をしなさい。」

 

なんてどこにも書いていません。

むしろそういう事をしている人間は、

低レベルだぐらいの事が書いてあります。

 

だけど、The・宇宙哲学の学徒。

大体の事はなんでも答えられちゃう人類の英知こと、

ハリー山科大先生が、ライフワークとされている事は、

 

〇〇エネルギーのあの人の言動をチェックして、

皆の前で批判する事なんですね。

 

なーんて事実があるので、

 

「ハリー山科は天に向かって唾を吐いている説」

 

を私は仮説として立てている訳ですね。

まあ、いいんですよ。

 

っていうかよくはないのですが、

気になってしょうがないならば、

 

それこそ麻薬中毒者の如く、

ずーっとそこに囚われて、

なんの罪の意識に苛まれているのかは

よく分かりませんが、

 

ずっと、同じ人の言動を

意識して批判し続けていても。

 

何故、私がこのような事をやりだしたのかと言うと、

本当に根拠もない胡散臭いカルト的な内容を

大した考察も分析もなく、

それが宇宙の謎だの、

なんだのとやりだしている事が

危険だという事です。

 

もちろんやりたい人はやれば良いでしょう。

宗教の自由ってのがあるんだから別に、

 

「私は宇宙人だ。」

 

だとか

 

「宇宙人に私はチェックされている。私と関わった人間達も同様だ。」

 

とか真顔で言ってまわるのも、基本的には自由でしょう。

 

ただ、やめていただきたいのは、

 

ただ、空撮したぐらいで、

キリストの墓が日本にあったという根拠を信じてしまう

浅はかな考察と分析で、

 

「私はすべてを知っている。」

 

みたいな子どもか

頭の悪いスピリチュアルおばちゃんぐらいしか

騙せないような、

洗脳・霊感商法的な事は、

お辞めになった方がよろしいのではないでしょうか。

 

と意見させていただいているだけです。

 

まあ、こんな世界創りものなんだから、

なにやってもアリっていうのであれば、

まあそれはそうなのかもしれませんけど。

 

それこそ、神さまなんてものが

存在するのであれば、

ただ、山のある部分の凹凸が

なんか特別なものに見える的な

催眠術みたいな事をやって、

 

人々をたぶらかすってのは、

そんなに崇高な活動なのでしょうかね?

 

あれを考察・分析と

言っているのであれば、

 

学者先生たちからは、

「ただの馬鹿」にしか

見られないと思います。

 

むしろ、私がイメージしていた

ハリー山科的考察・分析というのは、

 

学者達が徹底的に考察・分析をした内容の

その上をいく分析・考察をして、

 

現在の常識的な事を覆していくのかなと思ったら、

訳の分からない狂言的な事を言っている

スピリチュアルおじさんを、

何の理由もなく擁護しているみたいな、

 

訳の分からないスピリチュアルおじさんの

一人に成り下がったっていうだけだっていう風に

見えるのは私だけでしょうか。

 

それともそう思ってしまうのは、

私が、宇宙哲学の「う」の字も

分かっていないからなのでしょうか。

 

それこそそのあたりについての

真実的な事については、

 

アダムスキーの本の中に

書かれていた気がするのですが、

ご本人は、どうしてもご自身に都合の良い世界観しか

作れないみたいなので、

 

そのあたりのアダムスキーの指摘については、

素敵に無視して、素通りして、

今のハリー山科的宇宙哲学が

成り立っているようですね。

 

そこが残念で仕方ありません。

 

何故、ハリー山科は脳の機能については

一切勉強しないのでしょうか。

 

理由は、そこに目を背けないと、

自分の哲学の正しさを

立証できないからです。

 

ただ、私にもハリー山科先生にも、

その他人間には、

 

 

がありまして、

 

ここで考えては発言する訳です。

 

それとも、ハリー山科先生が、

〇〇エネルギーの方の

愚痴を言っている時って、

 

脳を介在せずに、

 

宇宙からのメッセージをそのまま拾って、

ただ発しているだけなのでしょうか。

 

宇宙ってそんな同じ人の愚痴を

ずっと言ってまわるぐらい、

暇で幼稚な存在なのでしょうか。

 

アダムスキーの宇宙哲学には、

そのような事は一切書かれて

いなかった気がしますけどね。

 

「自分によって都合の良い世界にしか見えない。」

 

っていうこれ。

 

これこそが、ハリー山科がバカにしていた

 

"スピリチュアル"

 

だと思うんですけどね。

 

はい、また天に向かって吐いた唾が、

自分に向かって降ってまいりました。

 

合掌。

ハリー山科が開けない臭いものにしてしまった蓋の下側にあるものについて考察していきます。①

ハリー山科が開けない臭いものにしてしまった

蓋の下側にあるものについて考察していきます。①

 

こんにちは。

 

それでは、1つずつ事実に基づいて

検証していきたいと思います。

 

もしも、ハリー山科先生が、

宇宙の事をよく存じていて、

人よりも抜きんでて宇宙というもの、

宇宙哲学というものを

ご理解されているのであれば、

 

いやー、本当に凄いなって事が多々ありまして。

 

ハリー山科先生の言っている事が正しいのであれば、

 

脳 > 宇宙

 

という事になります。

 

私はそうは思っておりません。

ここは否定派でして、

 

宇宙 > 脳

 

だと思っています。

 

だけど、ハリー山科先生の言動を見る限りでは、

 

脳は宇宙に勝る。

 

という事を

ハリー山科先生ご本人が、

身をもって

証明している事になります。

 

その事実として、

今回はこんな事実を

取り上げてみることにしました。

 

ハリー山科

いつも同じことばっかり

言ってる現象

(しかも愚痴。)

 

ってこれです。

 

まあ、ハリー山科先生ご本人が、

講座だったり何だったりの時に、

 

愚痴のコーナー

 

というのがありまして、

どうやらそれらを

言わずにはいられないらしく、

 

まあ、それらの作用も、

ハリー山科先生の事ですから、

タカオカミやら瀬織津姫

やらされているみたいな

ご説明をされるのでしょうけど、

 

私から言わせれば、

ただの、

 

老化現象

 

にしかすぎません。

 

まあ、

 

「老化現象とは、神の声が聞こえる現象なのである。」

 

「老化現象とは、何かと言うと自分の言動を

 神の仕業としたがる現象なのである。」

 

という主張というか仮説を立てても

良いかもしれませんけど、

別に、人間誰でも年取れば、

同じことを

ずっと壊れたテープレコーダーのように

繰り返し言い続ける。

 

なんてことは、

宇宙を持ち出して語る事ではないのかなと。

もちろん、そう言っても良いのでしょうけど、

であるならば、別にハリー山科が

特別な存在なのではなく、

みなさん、素晴らしい宇宙からの

フィーリングを拾っては、

 

あーだこーだと繰り返し同じような事を

ずっと言っているという事になります。

 

私はそうは思えません。

ただの人体の成長と衰えという流れにある

現象に過ぎないと思っています。

 

まあ、忘れ物も神さまの仕業と

位置付けてしまう訳ですから、

なんでもアリなのでしょうけどね。

 

その割には、自分以外に起こるそういった出来事には、

神さまは一枚噛まないようで、

 

どうやら選ばれし、宇宙哲学の学徒、

ハリー山科大先生と、ハリー山科大先生が選んだ

崇高な人物達にのみ起こる現象のようです。(笑)

 

な訳ないだろ。。。

 

だから、もっと学びましょうよ人体。

学ばないなら考えた方がいいですよ、進退。

胡散臭い事洗脳すると、ダメージは甚大。

 

って事だと思います。

 

最低限だと思いますけどね。

人間の身体の機能を理解した上で、

スピリチュアルを考察するというのは。

 

だから、その視点からの

考察入れましょうよ。

 

いちいち神さまとか

持ち出さないでさ。。。

 

という事で、60歳過ぎた人間が、

いっつも同じことばっかり言っているこの現象。

 

あなたは、宇宙からの特別な力が

働いていると思いますか?

 

それとも、ただ「人間」というこの物体というか

存在としての機能の限界というか、

当たり前に起こる現象として、

 

こういう事が、

人間に起こっているだけなのか。

 

ハリー山科が、そこらへんの一般人と

何かしら違うのであれば、

こんなそこらへんの、おっさんおばはんがやりがちな、

 

「いっつも同じことをずっと言ってまわる。(しかも愚痴)」

 

なんてことやりますかね?

 

それこそ、それって、

 

宇宙哲学が戒めている

 

正義感に囚われるな

 

って事じゃないんですかね?

 

まあ、そのあたり強めに批判すると、

私自身がそこを正義感で

裁く方向に進んでしまうので、

 

「やりたければ、愚痴を常に言っていようが

 いなかろうがどっちでもいい。」

 

ってスタンスを取ろうかと思いますけど、

 

四六時中、同じの人の愚痴言い続けてるのって、

それこそ、正義感と罪悪感に

やられちゃってる人が、

とりがちのある種の

パターンのように思ってしまうのは、

 

私が宇宙哲学たるものを

まだ何も分かっていない

証拠なのでしょうか?

 

そのあたりについては、

読者の皆様に委ねます。

 

まあ、ハリー山科先生に言わせれば、

そういうことになるのでしょうから。

 

神かよ。。。

 

って事で、また来週。

仮説その1 天に向かって唾吐いてる説

[ハリー山科考察1]仮説その1 天に向かって唾吐いてる説

 

ハリー山科を見ていて、一番思うのがこれです。

 

天に向かって

唾を吐いている。

 

というこれです。

 

大体ハリー山科を見ていると、

 

なんとなく、

 

ハリー山科節

 

みたいなものがいつもさく裂しているのだが、

それらの教えというか戒めみたいなものって、

 

すべてハリー山科本人に

降りかかっている気がしてならない。

 

そしてこれもいつものパターンなのだが、

 

そういうとき、ハリー山科本人は、

それらを自分の時だけ都合よく解釈して、

責任逃れをしているような感じになっている。

 

これらは、

ハリー山科を長年見てきた人間からすると、

同意できる内容かもしれないが、

 

その時代、その時代しか見ていないものにとっては、

なんか、いかにもハリー山科って悟っちゃってる

印象を与えるているのかもしれない。

 

これは別にハリー山科を悪く言っている訳ではなくて、

事実そうなっているという事なので、

この説を述べているだけです。

 

もちろん、これだけ言っているので、

出来る限り根拠だったり、事実によって

これらを考察していく必要があります。

 

そしてこんなもんは、宇宙だとか宇宙哲学だとか

スサノオだとかタカオカミだとか神さまを

いちいち持ち出して考える必要もありません。

 

人間を考察するだけなので、

冷静に客観的に考察すればただ良いだけです。

 

そして、これは私がハリー山科本人に指摘したことですが、

残念ながら、ハリー山科本人は、

「ある分野」の考察を一切しません。

 

だけど、ハリー山科本人は、

「あらゆる分野から考察している」

と言い張るので、なんだかよく分からない、

カルト宗教っぽい、

 

まあキリストの墓が日本にある的な事を

推奨しちゃうような

なんちゃってスピリチュアルおじさんに

なってしまう訳です。

 

その、「ある分野」

 

とは大きく言ってしまえば、

 

・人間

 

だんだん小さくしていくと、

 

・人体

 

・脳

 

このあたりの事ですね。

このあたりの考察がごっそり抜けているので、

 

神さまがどうだとか

宇宙人がどうだとかっていう幻覚話を

妄信しているイタイ感じになっていて、

 

それらを否定すれば、

「コイツは分かってない。」

というはだかの王様的洗脳法が

採用される訳です。

 

まあ、いいですよね、

神さまも宇宙人も目に見えないから

 

「私には見える」

 

「私には分かる」

 

を本気で言い張っていれば、

それらを信じたい人が

持ち上げてくれますからね。

 

ハリー山科先生って

そういう考察しない盲信的スピリチュアルが嫌いで、

いろいろあーじゃねーこーじゃねーって

考察していく人なのかなと思っていたのですが、

 

最近のハリー山科先生の

やっていること、

言っている事を

見る限り聞く限りでは、

そこらへんによくいる、

スピリチュアルオジサンの

ひとりにすぎない感じなのかなと。

 

個人的には、

当時はちゃんとやっていたのかなと思いますけど、

やっぱり、そっちの方が

楽で気持ち良いのでしょうね。

 

ちやほやしてくれる人多いでしょうし。

 

って事に本人自身が

気づいているのかどうかは分かりません。

 

だから、私はご本人に指摘したのです。

 

「自分が人間であるという事がゴッソリ抜けている。」

 

と。

 

まあ、なんだかハリー山科先生は、

口ぶりからすると、

 

「自分は人間をすでに超越しているから、
 そんなものは勉強する必要がないし、

 すでに全部分かっちゃってる。」

 

みたいな感じで、まあなんか知らないけど、

宇宙哲学の学徒?はそのあたり完璧だっていう主張なので、

 

そのあたりを事実を用いて実際に

分析・考察・検証していきたいと思います。

 

私の主張はあくまで、

 

「人間としての成約を踏まえた上で、

 スピリチュアルの研究をしないと、

 オカルトおじさん、オカルトおばさんとして、

 脳内の終身刑を食らうだけだよ。」

 

って事を言っているだけです。

 

ハリー山科本人も、

よく「スピリチュアルおばちゃん」の事を

揶揄している理由って、

そういう部分のような気がするのですが、

 

やっぱり「天に向かって唾を吐く」と、

自分にべちゃって降りかかってくる訳でして、

 

ご本人が、スピリチュアルおじちゃんに

なっちゃっているっていう

疑い、考察は一切されないっていうのが、

 

ハリー山科流なのかもしれませんが、

 

1つずつ、事実を題材に、

そのあたりを考察していけば、

 

私がなぜ、こんなことを

やりだしたのかについては、

ご理解いただけると思います。

 

では、また来週。

もう死んじゃいたいと思わず思ってしまうぐらい、世の中こんなに妄信者だらけなんだという現実との対話

もう死んじゃいたいと思わず思ってしまうぐらい、

世の中こんなに妄信者だらけなんだという現実との対話

 

どーも。このブログはどこに向かって進んでいるのだろう。

という流れになってきましたが、

 

最近のハリー山科ほど軸はブレずに

一貫して進んでいるとは思います。

(以前からだったのかもしれませんが。)

 

しつこいですけど、

 

・自分に都合の良い内容や出来事があっても、

根拠のないものを妄信しない。

 

・そういう不思議や謎があったら徹底的に出来る限り

多くの視点でそれらを考察してみる。

 

・出来る限り検証して、

どのくらい再現性があるのかの確認をしてみる。

 

・とは言っても、怪しい事の研究している訳で、

常識に縛られてると、

つまらない小さな人間の理屈の中の事が

正しいっていう罠にやられてしまうので、

そこは盲信者になってもいけないし、

よくいる科学信者、根拠信者にならないよう、

絶妙なバランスをとりつつ、

なんだかよく分からないものの考察と研究をしていく。

 

っていうこんなあたりですね。

 

大事な事って。

 

それで、実際ハリー山科ってこういうことを

しっかりやってるのかなと思っていたのですが、

 

どうやら、それらは口で言ってるだけで、

実際はさほどのエビデンスもなければ、

根拠のないような事をあたかもって感じで

言ってまわってるだけなのかなという事が多々あるので、

 

まずは、それらについて、

このブログでは、

 

1つずつ冷静に客観的に

見ていけるような活動を

していくことにしました。

 

ハリー山科本人は、ある時私に

「私は宇宙人だ。」と偉そうに言ってました。

 

まあ、これを否定する事は簡単ですが、

ご本人がそうおっしゃっていたので、

そういう事にしておきましょう。

 

それに比べて、私はただの人間ですので、

まあ宇宙に住んでいるから宇宙人だ。

という小学生レベルの屁理屈で良いのであれば、

私も宇宙人だし、あなたも宇宙人だという事になりますが、

 

そういう屁理屈を抜きにすれば、

よくあるプレアデス星人だの金星人だの的な宇宙人ではなく、

ただの地球人なので、

 

そういった意味での「人間」として

宇宙学、宇宙哲学、スピリチュアル、

呼び方はなんでも良いのですが、

 

そのあたりの、いかにもハリー山科がネタにして、

スピリチュアル難民っていうか

スピリチュアル情報弱者の人達の心と頭を

わしづかみにするような

 

盲信者の方達には、麻薬的な魅力を発する数々の事だったり、

ハリー山科本人がどれだけ宇宙哲学的なのかを、

冷静に分析・考察・検証していくブログになりました。

 

まあ、ハリー山科本人も

本心で言っているのか

かっこつけて偽善者的に言っているのか分かりませんけど、

 

しっかり考察した上で、

真実を述べよ。

 

的な事を言っているので、

 

GWSの掲げている方針としては

ブレてないと思います。

 

ただ、その対象が、

これまでハリー山科のやってきたことや、

 

ハリー山科本人に向けられる。

 

ってだけです。

 

まあ、ネット上では、

 

結構I氏同様に、

「なんかハリー山科最近おかしくね?」

 

って言われている書き込みも確認できますし、

 

それは、スピリチュアル的な事での指摘ではなくて、

普通に「人間として」っていう

指摘が多かったりしますので、

そのあたりも、

 

・スピリチュアルという視点

 

・人間という視点

 

で考察してみたいなと思います。

 

では、マイペースにやっていきますが、

ハリー山科の真実的な部分は

大分浮き彫りになってくる事でしょう。

 

そして、スピリチュアルムーブメントの実態についても。

 

では、次回から何かしらをテーマに

ぼちぼちそのあたりの事を進めていきます。

ハリー山科の審神者能力ってどうなの?

ハリー山科の審神者能力ってどうなの?

 

分析と考察の重要性を解いておいて、

 

あの程度の屁理屈で

日本にイエスキリストの墓があるとかいう

スピリチュアルオジサンを重宝するとか、、、

 

やっぱ低級霊という魔物には、

ハリー山科もすぐに

ヤラレちゃったのでしょうかね。

 

さすがに、霊感商法組合の

手先みたいな事は無理だわ。

 

宇宙哲学ってのはもっとまともなものかと思ってたが、

ただのカルト洗脳のツールってのは、

アダムスキーも泣いてるのか、

 

それともアダムスキー自体が、

ただの霊感商法おじさんだったのかどうかは知らないけど、

 

たいした分析も考察もしない人物が、

分析と考察の重要性を説くのはやめようぜ。

 

この世界がくすむから。

 

世の中のスピリチュアルオジサン、スピリチュアルオバサンたちへ。

 

そっち系の本ばっか読むのも、

そっち系の動画ばっか見るのもいいけどさ、

 

それと同じぐらい

 

人体の事学んだり、

 

特に脳のお勉強、

 

認知についてのお勉強をしないとさ、

 

上空からとった地形を

「これが神の啓示だ。」

とかいう妄想オジサンたちの

戯言に一撃でやられちゃうよ?

 

こっちもただ「そんなもんインチキだ。」

って言ってる訳じゃないのよ。

 

いいですか、スピリチュアルオジサン、スピリチュアルオバサンの皆様。

 

人間にはね。

 

こういう機能のようなものが備わってるのね。

 

シミュラクラ現象 - Wikipedia

 

人間の脳はね、「点が3つ」あれば

人の顔に見えてしまうものなのよ。

 

上空から見て、ちょっと図形っぽく視えれば、

 

「あ、これは神からのメッセージだ。」

 

「あ、これは宇宙人が作った証拠だ。」

 

とか思っちゃうのよ。

そういうことしているおじさん、おばさんの事を

スピリチュアルおじさん、スピリチュアルおばさんって言うんじゃないの?

 

いいよ、別に「あれ?これはなんだか不思議だぞ。」

と思うの別に。

 

どのぐらいの数の視点から疑い掛けて、

検証したうえで、「日本のイエスキリストの墓がある」って主張してる訳?

 

「〇〇さんは知ってます。」

 

「知ってる人は知ってます。」

 

何回言ったんだろあのスピリチュアルおじさん。www

 

営業マントークのセオリーじゃん、それ。www

 

何かを売りつけてるのか、と思ったわ。。。

 

嗚呼、誰かまともなスピリチュアル研究してる人いないかなー。。。

 

まあ、ちやほやされると、

まわり見えなくなるよね。

 

それが60歳になろうが、70歳になろうがさ、

気持ちいいもんなー、まわりにちやほやされるのって。

 

その「ちやほやの誘惑」には、

さすがの宇宙哲学も通用しないようで。

 

ってアホか。(笑)

 

人間磨こうぜ。

宇宙人だの、見えないエネルギーとか追っかける前に。

 

って事で、

私は、ああいった

スピリチュアルオジサン、スピリチュアルオバサンに成り下がらずに、

しっかりスピリチュアルを研究していきたいので、

 

私は、

 

人間磨きをメインに、

 

おまけでスピリチュアルやります。

 

その上で、ハリー山科研究してこうと思います。

"ハリー山科"という存在そのものに、

スピリチュアル悪しき要因がすべて詰まっているって事を、

これから、いろいろな視点からの考察を入れて、

ここのブログでたまに書きたくなったら書いていきます。

 

誤解しないでもらいたいのは、

別にハリー山科を否定している訳ではなく、

 

ろくな分析・考察もしないで、

 

「これは本物だ。」

 

「これが真実だ。」

 

「これが宇宙の哲学だ。」

 

とか言っちゃう胡散臭い輩の事をDisってるだけなので。

もうやめようぜ、そういうの。

 

いい歳こいて、はだかの王様ごっこ中毒に

なっちゃうのみっともないよ。

 

まあ、いいや。

本当の宇宙哲学(アダムスキー宇宙哲学ではなくてもっと広い意味で宇宙哲学ね。)

を語っているのかは誰だかもうじき分かってきますよ。

 

って事で、

じっくりここではやってきます。

 

盲信大好きな人は、

もう死んじゃってとは言わないけど、

 

もうこのブログには来る必要ないです。

 

ここからが、このブログ本当の意味での、

 

分析

 

考察

 

を徹底的にストイックにやりながら、

宇宙の本質に迫る活動になっていきますヨ。

 

3の点があれば、顔に見えてしまう脳の機能を、

神からのメッセージだとか言っちゃう

スピリチュアルおじさん、スピリチュアルおばさん達は、

 

このブログは夢がなくなるから、

Youtubeで魔法のランプを見て、

これが宇宙哲学かーと盲信してお釈迦様の掌よりも

相当小さいハリー山科の掌の上で転がされててくださいませ。

 

でわ。